ギネスビールは缶とびんとを飲み分けるともっと美味しい

シェアありがとう!

ギネスビール

わたしがこの世でもっとも好きなギネスビール。

ライブハウスやパブやバーで出されたギネスビールは、例えやたら冷えていようが泡がシャムロックじゃなかろうが黙って飲む。が、家ではちょっとだけこだわって飲むようにしている。

広告
amazon

ギネスビールは缶とびんとを飲み分ける

ギネスビール

酒屋さんに行くとわかる通り、ギネスビールは缶とびんの2種類ある。

味にも違いはあるけれど、用途によって飲み分けるとさらに楽しめることは、ギネスビール好きの大人ならみんな知ってると思う。

缶のギネスビールはグラスに注ぐためにある

缶のギネスビールには“フローティング・ウィジェット”という小さなボールが入っている。

これは、グラスに注いだときにクリーミィな泡を立てるために入れられているから、グラスに注ぐと本当にクリーミィな泡が立つ。もふもふ。

だから缶のギネスビールを飲むときは、グラスに注ぐ。これ一択。

ちなみに格好つけて缶のまま飲むと最後に缶の底に泡めいたものがいっぱい残って、残りを一気しちゃおうとするとそいつがもふぁ~っと降ってくるから気をつけて。

びんのギネスビールはそのまま飲んでもギネスビール

これはもうね、いわずもがな。

ギネスビールが飲みたくて辛抱たまらんっ!という状態で酒屋さんへ行ったら必ずびんのギネスビールを選ぶこと。そうすれば買ってすぐ飲んでちゃんとギネスビール。

わたしは家のカギに栓抜きのキーホルダーをつけてるからいつでもすぐびんを開けられる(このために栓抜き型のキーホルダーを探した)けど、持ってなかったら店のおっちゃんに「開けてください」って言えばいいよ。きっと開けてくれるよ。

缶とびん、ギネスビールはどっちが美味しい?

わたしはどっちも美味しいと思うけど、しいて言うなら、びんの方が好きかな。

缶みたいに泡を立てる秘技を施してないからか、びんの方が味をしっかりゆっくり楽しめる気がする。暑い日の夕方とか、散歩しながらぼちぼち飲むのにちょうどいいよ。

缶の方は、グラスに注いでグビグビーッカーッとやるのに最適だね。

でも、濃いとか重いイメージが強いのか、ギネスビールを日本のビールみたいにグビグビ飲むと、エライ酒飲みだと思われて確実にモテないよ!女子は特に気をつけてね。


※ケータイの方はこちらからどうぞ。

あきです。日本のバンド Theスモモのベースと歌とweb担当。曲もだいたい作ります。酒(ビール最高!)とTheピーズと肉と料理(肴)とライブが好物。
広告
amazon
amazon

シェアありがとう!

FB Likebox

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です