小学2年生だったあのころの感触が未だ続いてる

シェアありがとう!

15-06-22

小学校に上がったら、同級生のお母さんがピアノの先生をやってるってんで「わたしも習いたい」と母に言ったら「いいよ~」と通い始めたピアノのレッスン。

たしか1回1時間だったと思うけど、半分ピアノで半分歌を歌ってた。

小さい子どもが1時間もピアノだと飽きちゃうからか、歌も歌った方が音感がよくなる的な先生の方針かわからないけど、ピアノを弾きながら歌える先生はとてもかっこよかった。

だから小学2年生になって家にエレクトーンがきたとき、先生の真似してしっちゃかめっちゃかな弾き語りばかりしてバイエルの練習はちっともしなかったから、ピアノはほとんど上達することなく6年生になったとほぼ同時に辞める形になった。

それでも弾き語りは好きで続けててその延長でバンド始めて・・・

という流れには、残念ながらならない。中学時代はバスケに勤しみ、高校時代はバイトと夜遊びに明け暮れ、弾き語りが楽しかった記憶などどこへやら消え失せた。

と思ってたけど、そうでもなかった。

広告
adsense

楽器と自分の声を使って音楽を作り出すのはとても楽しい

歌を歌うのは好きだし、歌詞も(わたしなりに)ちゃんと作ってるつもり。

でも、ピンボーカルだった結成当時も弾けないくせにギターを持ちたがったり、ベース持ってないとクソ音痴(たまにカラオケ行くと自分でも「やべえな」と思う。笑)だからレコーディングブースにもベース持って入るんだよね。

なぜなんだろうな?

長年自分でも不思議だったんだけど、最近思うのは、しっちゃかめっちゃか弾き語ってた小学2年生のころの感触をギターやベースで再現したいんだろうなということ。

あのころの音楽はとにかくしっちゃかめっちゃかだったことしか覚えてないしランラン言ってるだけで歌詞などついてなかったけどとても楽しかったんだよ。

楽器の音が鳴って、それと自分の声をいろんな風に組み合わせると曲に、歌になるんだよ。

おんもしろいよな~!

頭悪そうなこと書いちゃったけど、前からだけど最近はより一層、新しいコード鳴らしてみたり耳コピが早くなったり歌とリズムとベースライン絡ませるのが超楽しいってことっす。

では7/8、新宿紅布で。

あきです。日本のバンド Theスモモのベースと歌とweb担当。曲もだいたい作ります。酒(ビール最高!)とTheピーズと肉と料理(肴)とライブが好物。
広告
adsense
adsense

シェアありがとう!

FB Likebox

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です