【浜松市楽器博物館】100の音色を持つサーランギと装飾がこまかいアジアの弦楽器たち

シェアありがとう!

サーランギはインドの弦楽器。
「100の音色をもつ」と言われてるそうだが
15-03-15_001.jpg
ペグの数を見れば納得?
15-03-15_002.jpg
横だけじゃ足りないのか、上にも。
15-03-15_003.jpg
装飾もこまかい。
15-03-15_004.jpg
※ケータイの人はこちらからどうぞ。


アジアの弦楽器コーナーは、装飾がこまかいのが多くて楽しい。
上品なお花の柄。
15-03-15_009.jpg
演奏してたら見えない裏面まで凝ってる。
15-03-15_010.jpg
黒は重厚感あってシブいけど両サイドに鳥。
15-03-15_011.jpg
こういうさりげなさがまたシブいね!
15-03-15_012.jpg
中でもこの、ディルルバはすごかった。
15-03-15_005.jpg
ボディはもちろん、
15-03-15_006.jpg
ネックにペグ、
15-03-15_007.jpg
ヘッドまで。
15-03-15_008.jpg
ここまでくるともう、「オーダー受けて作ったはいいけど依頼主がなかなか取りに来なくてひまだから描いちゃった♡」レベルかと邪推してしまう。
え?
楽器博物館だからって楽器ばっか見てて飽きないのかって?
大丈夫。
途中にこういうの↓あるから。
15-03-15_013.jpg
え?
女に興味ない?
大丈夫。
ちゃんと男もあったよ。
15-03-15_014.jpg

あきです。日本のバンド Theスモモのベースと歌とweb担当。曲もだいたい作ります。酒(ビール最高!)とTheピーズと肉と料理(肴)とライブが好物。
広告
adsense
adsense

シェアありがとう!

FB Likebox
広告
adsense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です